葬儀の進め方

10.納骨

 納骨をいつにするかは特に定めがありません。一般には葬儀の当日または直後、四十九日、一周忌、三回忌などの機会にすることが多いようです。
自宅への保管は違法ではありません。また、墓地などの手配ができず、自宅に遺骨を保管しにくいときは納骨堂で一時預かりをしてくれます。
 ※葬儀に関しては、法律的には死亡届の提出義務、死後24時間以内の火葬の禁止、遺体損壊等の禁止など少数の規定しか存在しません。葬儀は基本的に自由に行うことができます。

広告
小田急のギフト
葬儀の進め方に戻る