自然の脅威、自然の恵み

9月24日付けの『中外日報』を見ていたら、別な場で荒俣宏さんと山折哲雄さんが似たようなことを言っていたようだ。 荒俣さんは臨済宗青年僧の会(私も2度ほど呼ばれたと思う)で「人類と地球の仲直り」というテーマで講演した。(以下、中外からの引用) 東日本大震災の被災地の印象を語り、「自然には破壊と恩恵の2つの側面があるが、人間は受け止めるしかない(略)」 山折さんは九州市民大学の9月講演会で話した。(以下、中外からの引用) 東日本大震災や津波、大きな爪痕を残した台風12号のように自然は恐ろしさを持つ反面、打ちの... 続きを読む

中秋の名月

13日ぶりにブログを書いている。 昨日月を携帯で撮ったが、今夜が「中秋の名月」らしい。もともとは陰暦では8月15日から16日の夜のこと。 いったん涼しくなり台風が紀伊半島等に豪雨をもたらした後、また暑さが戻った。もっとも紀伊半島では川に土砂ダムができてまだ危険は去っていないという。 昨日は9・11から10年、3・11から半年ということで賑わっていたようだが、あまり関心をもてていない。長くもあり短くもあり。 昨夜、福島にいる尊敬する年上の友人と電話で話をした。彼曰く「おれたちはまだ終わっていない」 9月... 続きを読む