3.12を忘れるな

3.12、つまり3.11の巨大地震と大津波で東北地方を中心とした太平洋岸の町、村、集落の平地部分が根こそぎさらった大惨事の日の翌日のことである。 この日何が起きたのか?東電福島第一原発が水素爆発を起こした日である。 3月11日、既に全電源の喪失、炉心融解(メルトダウン)が発生、翌312日水素爆発が起こり、福島と言わず、東北、関東地方に放射能をばら撒いた。地元では15日に降った雨のことを言う人がいた。15日に降った雨が各地を汚染した。 前回も書いたが肉牛の汚染問題、さらに拡がっている。 朝日新聞社の22日現... 続きを読む

暑い日々 憂鬱な日々

暑い、湿度が高い。これは室内にいることが多い私でさえこたえるのだから、病気で体力を奪われた人、また高齢者は温度調節機能が衰えているから大変であろう。 『葬儀概論 増補三訂版』で体力を使い果たしたので、グダグダになっている。そのなかで短い原稿のいくつかはやっと書いている。現在書いているのは現在進行形のものばかり、過去の焼き直しはしていない。大体がそういう状況ではないのだ。ここで紡ぐ文章自体が問われている。 このところの「高濃度の放射性セシウムを含む稲わらを与えられ出荷された肉牛が各地で消費されている」という... 続きを読む

あるがまま…は難しい

浜田晋さんという精神医科医がいた。1926年の大正生まれ、2010年に亡くなっている。あの学生時代ブントの書記長で、その後精神科医で沖縄等で地域治療に優れた働きをした島成郎(1930~2000)が「師」と呼んだ人。以前気に留めていたが、本もできたので、社会復帰に備えて、ネットのリンクを見直していたら真宗大谷派の広報誌『サンガ』に掲載された浜田さんのバックナンバーが出てきた。http://www.prati.info/c/back/oiru/index.html こりゃ凄い人だ。この人の言ったこと、今でもあ... 続きを読む

ご報告

碑文谷創『増補三訂版 葬儀概論』(表現文化社刊) お待たせしました。6月29日納品されました。ご予約いただいた方々には3月からお待たせすることになり、大変ご迷惑をおかけしました。お詫び申し上げます。ご予約いただいた方には早い順にお送りしており、すでにご予約いただいた分(当社扱い)は、本日をもって発送完了となる予定です。 これからお申し込みいただく方の分は7月4日からの発送になります。ご容赦ください。 早い方には昨日お手元に届いているかと思います。 本書の初版が1996年(左)、改訂版が2003年です(右)... 続きを読む