秋を感じて

最初にご案内ホームページを更新している。http://www.sogi.co.jp/この中に「変わりつつある葬儀の課題」を書いている(「評論」)。いまの全体像を知っていただくにはいいだろう。少し長いが読んでいただければうれしい。また、日経BP連載も2週に1回のペースで書いている。http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/manabi/ceremony/index.html 昔の友人が映画の券をもってきた。かつて赤坂小梅という芸者歌手がいた。http://ja.... 続きを読む

難波は歌舞伎町より猥雑だった

2泊3日で大阪へ行ってきた。遊びではなく所用である。 泊めていただいたのは普段はビジネスホテル程度が多い私には身分不相応なホテル、前に九州でスイートルームなるものに泊めていただいたがそれ以来の豪華なホテル。気持ちが落ち着かない。昼に簡単に腹を満たそうと思ったら、最低が2500円のサンドイッチ。ホテル外に出れば安い店はあるのだが、時間がなく、泣く泣くそのサンドイッチを食した。 2日目、私の出番前に青木新門さんが「いのちのバトンタッチ―『おくりびと』と『納棺夫日記』―」と題して講演。皆さん熱心に聴いておられた... 続きを読む

樹木葬10周年で一関へ

昨日(10月18日)は岩手県一関へ行く。 樹木葬が最初に始まったのがここ一関だ。 祥雲寺(臨済宗妙心寺派、旧一関藩主田村家菩提寺)の千坂住職が始めた。いまは樹木葬墓地のほうは別院知勝院となっている。 入口の看板 樹木葬は1999年の秋に始まった。 人手を失い荒廃していた里山を買い取り樹木葬墓地とした。 許可を出した一関市では日本初という意識もなく、岩手県規則に違反しないということで許可し、後に新聞に取り上げるは、人が押し寄せるでは、で目を白黒させていた。 私が市役所を訪問したとき、担当者は私が先輩にあ... 続きを読む

雲と酒と

10月に入り、感情の起伏に富んだ日々を過ごしている。「まっとうであること」これはどういうことなのか?自らの弱さを自覚しつつ、苦吟している。 楽しい酒の話。 10月2日は駿台トラベル&ホテル専門学校にライフステージ・プロデュース学科にフューネラルビジネス科という夜間の1年制のコースがある。たまに1年に1回くらい学科長の大竹さんからメールをいただき、私が1年間に書いた論稿の中からテーマを選んでくれて、話すようにと言われる。 今年のテーマは「変わりつつある葬儀の課題」という論稿についてのもの。この原稿は多岐にわ... 続きを読む