「いらつきやすい社会 差別・偏見・暴言・逸脱」—コロナ禍がもたらすもの

■窓口でのイライラ 「こうなる前からたまっていた不平不満を、新型コロナに合わせて噴出させているだけの人もいるのではないか」。女性(1人一律10万円の特別定額給付金相談窓口で派遣職員として働く50代)は、人の心の闇を感じるようになってしまったことが寂しい。ビニール1枚の「防護壁」がある受付窓口には消毒用のアルコールが置いてあるが、来訪した人に使用をうながすと「俺が汚れているというのか」と激高されることも。相談された内容で必要なことをメモ用紙に書いて渡そうとして、「あんたの菌がついているかもしれないものを受け... 続きを読む

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の死亡者の葬儀例

毎日新聞5月9日 新型コロナ感染者の葬儀、どう向き合う? 2次感染の恐怖と闘う業者の苦悩 https://mainichi.jp/articles/20200509/k00/00m/040/009000c?cx_fm=mailhiru&cx_ml=article&cx_mdate=20200509&pid=14606 新型コロナウイルス感染症での死亡者の葬儀例 これは関西で東京の志村けんさんの例とは異なる。こちらのような形が多い。 同じ毎日新聞5月3日瀧野記者のコラム 滝野隆浩の掃... 続きを読む

いま整理しておくべき情報 新型コロナウイルス感染症と葬儀⑥

■新型コロナ特措法 3月14日施行された通称「新型コロナ特措法」(正式には2012(平成24)年施行の「新型インフルエンザ等対策特別措置法」の改正「死型インフルエンザ等対策特別措置法の一部を改正する法律」) 附則 第一条の二 新型コロナウイルス感染症(病原体がベータコロナウイルス属のコロナウイルス(令和二年一月に、中華人民共和国から世界保健機関に対して、人に伝染する能力を有することが新たに報告されたものに限る。)であるものに限る。第三項において同じ。)については、新型インフルエンザ等対策特別措置法の一部を... 続きを読む

マスコミ報道で見るー新型コロナウイルス感染症と葬儀5

 マスコミでも新型コロナウイルス感染症の葬儀への影響が報じられている。 ■志村さんの兄だけでない コロナ感染者の遺体に対面できない遺族のつらさ 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20200415/k00/00m/040/215000c 「新型コロナウイルスに感染して亡くなった人の遺体が、遺族に見守られることなく火葬されている。遺体との対面や接触は感染症法などでは禁止されていないが、2次感染を防ぐために認めていないケースが多いとみられる。葬儀業者は「遺族の気持ちに応えたいが... 続きを読む

新型コロナウイルス感染症と葬儀4

■グローバル展開の流行 新型コロナ感染症の流行は全世界的(グローバル)展開を見せている。 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6356005 これによると 「ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルスの感染者が2日、世界全体で100万人を超えた。3月26日に50万人を上回ってから1週間で倍増した。死者も5万人を超えるなどウイルスは猛威を振るい続け、早期終息の見通しが全く立っておらず長期戦の様相を呈している。」 となっている。 ■スペインにおける葬儀 葬儀の件では ... 続きを読む