コロナ禍と葬儀 葬儀の変化②―2020 年7月以降

2020年5月25日の緊急事態宣言の全面解除を受け、社会は緩やかではあるが、経済活動の再開に向かって動きだすことになる。 異論はあったものの、政府は7月各種のGo Toキャンペーンを開始。7月より感染防御と社会経済活動の両立が図られることにより、特に地方においては葬儀が一定程度の回復に向かうことになる。 ※2021年1月の再度の緊急事態宣言発出により、予定されていたお別れ会等の開催が急遽中止が相次ぐことになった。 葬儀の「平常化」といっても、コロナ禍以前とは異なる。あくまで感染防御との両立を図ってのもので... 続きを読む

再度の緊急事態宣言

先に少々の報告を。 ■ポスト掲載の報告 1月4日発売の「週刊ポスト」1月22日号「2021年のニッポンを分断する真っ二つの大論争」という大仰な特集の一つに「親の葬儀『する』か『しない』か?」があり、「しない」派代表として島田裕巳さん、「する」派代表として私、それぞれのコメントが掲載されている。 取材依頼されたときは「葬儀は必要か?」ということだったのでコメントした。この内容は12月23日のブログで述べた。 https://hajime-himonya.com/?p=4963 実際に掲載されたのは「親の葬... 続きを読む

じんわりとした不安が爆発する時

本日は2020年最後の日である。 といっても暦の上での話である。 3日がかり毎朝1時間の大掃除の締め。 ■COVID-19発生から1年、コロナ禍がもたらしたもの 1年前のきょう、つまり2019年12月31日、中国武漢市当局はWHO(世界保健機関)に対し、後にCOVID-19と名づけられる新型コロナウイルス感染症の流行発生を報告した日である。 COVID-19の発生は2019年11月とも、さらには7月ともいわれる。 2020年1月末からの世界的同時流行により、世界は大きく変化し、まだ大きな流行の渦の中に... 続きを読む

ワクチン接種順位から高齢化の問題を考える

■COVID-19ワクチン接種順位問題 ワクチンについて安全性はいまだ明らかとはいえないが、2021年の2月以降の接種開始が見込まれる様子になってきた。 12月10日の厚労省厚生科学審議会ワクチン分科会の資料等を見ると、おおまかな順位は、医療従事者、(社会機能維持者)⇒高齢者⇒高齢者以外の基礎疾患を有する人⇒希望する一般の人、でいずれも本人が同意した場合で強制はされない。 一般に順番が回るのは、早くて6月以降だろう。 特に優先されるのはCOVID-19の治療に直接携わっている医療施設の従事者、救急隊員、... 続きを読む

COVID-19の流行の現況と葬儀における感染・クラスターの事例

■感染の現況 COVID₌19は、2020年11月15日現在、次のような感染状況にある。 ●世界 ※COVID-19Dashboard(ジョンズ・ホプキンス大学)による。 感染者(陽性者)数(累計)54,370,186人 死亡者数(累計)     1,317,139人 感染者数で見れば ①米国   11,036,935人 ②インド  8,845,127人 ③ブラジル 5,863,093人 ④フランス 1,915,713人 ⑤ロシア  1,910,149人 死亡者数で見れば ①米国   246,214人 ②... 続きを読む