滅茶苦茶な日本語

昨日ときょうはシッチャカメッチャカでした。 講演のテープ起こし原稿が届いたのですが、私の講演 日本語が滅茶苦茶です(;_;) しゃべった私が読んでも、なんのことかわからない。 しかも脱線多し それでも最初はその原稿に朱を入れようと試みたのですが、私の話があまりに酷いので断念。最初から書き下ろしました。 昨日が締め切りでしたが、断りも入れず、というかその余裕もなく原稿書きに専念 先ほどようやく完成。メールで送信(o^-^o) しゃべったこととあまり内容が違ってもいけないので、どんなことを話したか見ながら書き... 続きを読む

樹木葬を考えるフォーラム

昨日は、さいたま市で市民フォーラム「樹木葬を考える」が開かれました。 80人くらいの方が参加されました。 これから埼玉県でも樹木葬を実現したいと願う人たちの集まりです。 そこで私が話した内容は 「変わるお墓と樹木葬」 ①変わるお墓 ②墓地埋葬法における「お墓」 ③墓地の種類 ④お墓の使用権 ⑤お墓の形態の変化 ⑥永代供養墓(合葬式墓地) ⑦散骨(自然葬) ⑧樹木葬 ⑨「桜葬」の登場 ⑩墓地の経営主体 ⑪コンセプトの検証 質問もたくさん出て盛況でした。 樹木葬もブームで、あちこちにできているようです。 永代... 続きを読む

デスケア

昨日は集中講義の最終日 例により東京駅で弁当を買い込み、グリーン車で弁当を食べながら行く。 東京駅で買ったグッドタイムス チャイナの中華弁当「菜単」 1100円と少々高めながら、なかなかいい。 駅隣接の薬局で疲労回復薬を買って飲み、安定剤も飲んでいざ出陣 1時限は葬祭サービスの内容が変化していること 2時限は「デスケア」という観点で葬祭サービスを見直すこと 食いつきのいい学生が7割、3割はどちらかというと時間が過ぎるのを待っている感じ。 最後の授業なので、食いつきのいい学生を対象に話す。 話す機会はこの学... 続きを読む

後悔しないお墓選び

昨日、出かける頃にはよく晴れ渡っていて、サングラスにメガネを換えて車を運転して、行った先は田園調布 大田区の出張消費者講座 タイトルは「後悔しないお墓選び」 いい集会室でした。天井が高く、とても話しやすい会場です。 来られた方は40代から70代、中心は60~70歳 演台に置いてくださったのが 超水道水「世界に誇る 東京水」 東京都水道局が作っているもの ミネラルウォーターとは味は違うものの飲みやすいです。 残ったので事務所に持ち帰り、自慢しました。 聴衆の皆さん、熱心でした。 皆さん、お墓につ... 続きを読む

拓郎も60歳

昨夜NHKのプレミアム10「今日まで明日から~吉田拓郎・3万5千人の同窓会」を観ました。 拓郎さんもつま恋の運営責任者もカメラマンも同い年 「きょうまで生きてきました」 というフレーズがとても共感できました。 正確には拓郎さんは私の1学年下ですが、ほぼ同じ時代を生きてきた同世代。 この歌を24歳でつくったというのを知って驚き 老成していたんだなと思います。 私もお祭り好きですから、あのつま恋の現場にいた人が心底羨ましいと思いました。 30年というのは短い時間ではありません。 子どもが生まれ育ち... 続きを読む