仕事納め

きょうは12月29日(月)、わが事務所はきょうが仕事納め。早いところは26日で終わっている。だが葬儀社には仕事納めがない。火葬場は短いところで1月1日~1月3日だけが休み。その間は火葬ができないだけに葬儀社の負担が大きい。冬は死亡する人が多い。年末年始だからといって休むわけにはいかない。1月4日から火葬場が開くと葬儀ラッシュとなる。 かつては松の内は1月14日までと言われ、その後7日までを言って、松の内は葬儀を行わないでいた。といっても遺体の保全が困難なので、火葬だけは近親者で密葬にて行い、15日過ぎてか... 続きを読む

師走に走る

12月に入ると地方でも東京でもクリスマス用の電飾があちこちと見られるが、いま一つ華やぎが感じられないのは若者の嬌声が聞こえないからだろうか。「不況」という文字が、こんなにも早く生活レベルまで浸透するのは久しぶりのような気がする。 20年前に天皇が危篤になり死去したときの自粛ムードのような感じだ。 次男が就職活動をしたのは空白の10年のとき、その後活況を呈し、団塊世代の定年でその後を埋めるというので企業は新卒を獲ろうと求職活動に積極的だったのがおよそ半年で変化。内定取り消し続出、非正規雇用が、これが「安全弁... 続きを読む

欝もちもいいものです

きょうは1年に1回授業をする学校へ行ってきた。レジメはここ3年変わらない。一部を最新のデータに入れ替えるだけ。「無精者」と言われるかもしれないが、これでも生涯で後はほとんど会う機会のない人たちに、私が90分時間を与えられたとするなら言うべき内容は極めて制限される。それなりに自分としては精選した内容のつもりだ。 それでも実態は毎年話すことが微妙に違う。話す相手が違うし、私がいま置かれている立場も異なる。だから同じ話にはならない。 帰りに2つ下の古い友人と駅まで一緒に帰った。途中、私の「欝」に話が及んだ。「ま... 続きを読む

大宮から見た富士

6、7日と福島県郡山市へ昨年も今頃行き、初雪を体験した。「今年も」と期待したが、そんな雰囲気はなし。しかし、しかし、22時半頃、素敵なバーを出て上を見ると、微かに雪が舞っていた。 この日、導眠剤を忘れたため、布団に入ってもうつらうつら。車を走らせていた夢で、音楽が響くところがあり、小学校の運動会か、と思うのだが、どこまで走ってもその音楽がついてくるのだ。BGMの音が夢に入り込んでいたのだ。 翌7日、早く目覚めたので、ホテルから夜明けを撮る。 新幹線で郡山と東京の間は1時間半弱。大宮近くに来たら驚いた。... 続きを読む

ついに窓際族へ

365日(いない日も多いから、実態はこの3分の2くらい?)壁を向いていた生活をしていたのが急変。いよいよ窓際族です。 正確には先月28日に引越し準備をして、29日に移動。但し、移動しただけで部屋はダンボールで埋められており、30日からヨッコラ荷解き。何とか居場所はできたもののまだ入口や廊下には、ダンボールが積まれている状態。 こんなに!とびっくりするほどゴミを捨てたのに、まだまだです。この間、遅れた原稿にも取り組み、わずかな空間で仕事。また、こんなに忙しいのに、メールでアチコチと喧嘩をし、それに無駄な時間... 続きを読む