「迷惑な死」を宣伝するな

サクラが満開である。 花見をしたわけではないが、車で走ると目に入ってくる。これが私のいつもの花見である。 数日前にはまだ2分咲きだったが、満開への展開があまりに早い。今年のサクラ、人生になぞなえるにはあまりに速すぎる。 終末期にある姉がしだいに、確実に弱ってきているようだ。病院の看護師が「最後の花見」に連れ出してくれたようだ。午前中の花見だったようだが、午後にはその疲れでひーひー言っていたという。最後の花見がよかったのか、それをしなければもう少し安穏な午後を過ごせたのか、難しい。花見は本人の希望でもあった... 続きを読む