個人化時代の葬儀②‐弔いのあり方

個人化時代の葬儀②―弔いのあり方   昨日(2018年2月4日)の朝日新聞「弔いのあり方」第1回「お葬式」について昨日1回目を書いた。 http://romagray.cocolog-nifty.com/himonya/2018/02/post-2a9c.html きょうは私が寄せた談話について書く。   談話をまとめた高橋記者も苦労したことだろう。 何せ中世から現在までの葬送の転変を、私が寄り道しながらダラダラ話したものをまとめるのであるから。 しかも取材に来た翌日昼には原稿... 続きを読む

個人化時代の葬儀①‐弔いのあり方

個人化時代の葬儀①―弔いのあり方   朝日新聞(2018年2月4日)に「弔いのあり方」(全4回)の1回目「お葬式」が掲載された。 1ページだてである。   https://digital.asahi.com/articles/ASL2200C7L21ULZU01C.html?iref=comtop_8_06   主旨は 団塊の世代が高齢化し、“多死社会”が本格化します。大切な家族が亡くなったら、どこに相談すればいいのか。葬儀の費用はいくらかかるのか。自分が眠る墓はどうする... 続きを読む

上野創『がんと向き合って』を読む

上野創『がんと向き合って』を読む ■「がんとともに生きる」 今朝(2018年2月4日)の朝日新聞朝刊を読んでいて気づいたのは「がんとともに生きる」という記事がさまざまな形で取り上げられていたことであった。 がんに罹ったことで退職を強要されることもまだまだ多い、という現実には心を痛める。 がん治療が相変わらず過酷なこと。 体力はもとより精神的にも大きな揺れをもたらすこと。 小児がんで子どもを亡くされた親たちの会で聴いた話は今でも鮮烈である。 (きょう明日掲載と聞かされていた「弔いのあり方」が掲載されていたが... 続きを読む