古墳から現代まで墓諸相

■またもや無謀なことをやっちまった 2月26日に日比谷カレッジで「民衆にとっての『墓』の変遷」というタイトルで90分で古代から現代までの墓の変遷について話すという、まさに無謀な試みをした。 https://hajime-himonya.com/?p=1849  学生時代、大学は異にしたが、知り合った友人が発行している会員向け月刊の新聞に依頼されて2016年に寄稿したことがあった。 またその友人から「墓について書いてくれ」という依頼があった。 字数は2,400字(400字×4枚) ちょうど大阪府の大仙陵(大... 続きを読む

告別式から見える葬儀の変遷/施設死の増加

■葬研「碑文谷創の葬送基礎講座」更新 本日(2019年7月1日)、葬研「碑文谷創の葬送基礎講座」が更新され、第7回「告別式から見える葬儀の変遷」 https://souken.info/himonya7 がアップされた。 現在の葬儀の場所の多くは斎場(葬儀会館)で行われている。 これは1980年代の中旬より始まった流れで、1990年代に大勢となった。 全国的に激しくなった斎場(葬儀会館)建設ラッシュ(それを消費者が受け入れたこと)による「斎場戦争」による。 2010年以降、斎場(葬儀会館)も葬儀の小型化を... 続きを読む

YouTubeで「週刊SOGI」創刊!

かつて「びきまえ」という世田谷の葬儀社S木さん、S水さん、S藤さんにMCとしてS本さんが加わった伝説の番組があり、私も3年前に出させていただいたことがある。 ※ 葬儀屋の四方山話「友引前(びきまえ)」とは? この番組は、東京23区で葬祭業に携わる男たち S木、S藤、S水、S本が、葬儀に関するあんなことこんなこと。 脱線しながら、本音と建前、時には茶化して、時には重箱の隅をつついて、 葬儀のあり方を検証していこうじゃないかという、 ありそでなかったラジオのような葬祭映像コンテンツ。 本音の中に一般の人に少し... 続きを読む

なぜ「葬儀」を基本から語るか?

葬研 https://souken.info/ というサイトで「碑文谷創の葬送基礎講座」 というコーナーを書かせていただいている。 その第6回 「葬儀」と「告別式」 https://souken.info/himonya6 が6月14日(金)に掲載された。 「葬研」はもともとビジネス色の強いサイトであるから、「葬送」を文化、歴史、哲学(宗教)という関心を主としてきた私の書くものがどれだけ必要とされるか、いささか疑問を抱えながら掲載を繰り返してきた。 第1回「いま、葬送が抱える課題とは?」① 週刊誌は「終活... 続きを読む

葬儀市場の分化

「葬儀市場の分化」 なんてあたりまえのことである。 なんでいまさら書いているんだ? という気分が書いている自分を憂鬱にさせていた。  おそらく高度経済成長もバブル景気も知らない40代、30代、20代の葬儀に係わる人たちにとっては自明なことのはずだ。  40代の人に 「葬儀の小型化という話を聞きますが、私たちが業界に携わった時、葬儀は小型があたりまえだし、個人化もあたりまえでした」 と言われたことを思い出していた。  この20年の間に葬儀市場はすっかり変わっているのに、それを前提に考えなければいけないのに、... 続きを読む