『葬儀概論』四訂3刷完成の報告

2019年 明けましておめでとうございます。

年齢なりに落ち着いた新年を迎えています。
年末に小中で同級生だった友人が死亡したという報せを受けました。
年々同級生が欠けていきます。
自分の順番がいつきても特別なことではない、という心境です。

まだ頭が動いているうちに次代へ残すものを、と今年は少しまとまった作業を、と考えています。
詰めた作業は無理なので、ゆっくり時間をかけて取り組む予定です。

ご報告です。

1月10日付けでライフワークとなった『葬儀概論』の四訂3刷が発行となります。

初版:1996年4月
改訂:2003年5月
三訂:2011年6月
四訂:2017年4月

と大幅な改訂を積み重ねてきました。

今回は四訂版の中でも小さな部分の修正に留めています。
主なものは昨年7月の「民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律」(相続法の改正)の成立を受けたものです。
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00222.html

葬儀概論は大幅な改訂は過去3回行ってきましたが、法令の改正等で毎年部分的な修正を行っています。
(最新版の見分け方は、タイトルの上に「四訂」とあり、背の最下部に「3刷」を示すローマ数字「Ⅲ」が入っています。下の背の写真をご覧ください。)

2017年の四訂版以降の変更については、3月(2019年)発行予定の
『解題 葬儀概論』の改訂2刷の巻末にまとめています。
(増補三訂版をお持ちの方はこれでそれ以降の主な変更を知ることができます。)
※メールで私にお問い合わせいただければお送りすることもできます。

葬送分野についてはそれなりのレベルでまとまった書物としては唯一のものなはずです。
きちんと学ぼうとしている関心がある方は葬祭ディレクター技能審査協会事務局までお問い合わせください。

広告
小田急のギフト

投稿者: Hajime Himonya

碑文谷 創(ひもんや・はじめ)/ 葬送ジャーナリスト、評論(死、葬送)、 元雑誌『SOGI』編集長(1990~2016)/ 【連絡先】hajimeh46@nifty.com/ 著書 『葬儀概論(四訂)』(葬祭ディレクター技能審査協会) 『死に方を忘れた日本人』(大東出版社) 『「お葬式」はなぜするの?』(講談社+α文庫) 『Q&Aでわかる 葬儀・お墓で困らない本』(大法輪閣)  『新・お葬式の作法』(平凡社新書) ほか/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です