デーケン先生の死

■デーケン先生の死

今朝(9月7日)の朝刊で、日本で「死生学」を最初に提唱されたアルフォンス・デーケン先生(上智大学名誉教授)の死を知った。
朝日新聞
https://digital.asahi.com/articles/ASN966598N96UCLV007.html
読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/culture/20200906-OYT1T50181/

6日の午前3時、肺炎のため88歳で死去。

デーケン先生は「生と死を考える会」を立ち上げられ、death educationを「死の準備教育」と名づけて紹介。
death studyを「死生学」と名づけて紹介。今や各大学でも「死生学」が標準語となっている。

■デーケン先生との出会い

デーケン先生との最初の直接的な出会いは、約25年前のことだ。
デーケン先生が60歳を超えたばかり、私は50歳前後の頃であった。
生と死を考える会で葬儀について講演するようにとのデーケン先生からの直接の依頼を受け、上智大学の先生の研究室にお邪魔した。

生と死を考える会では当時はターミナルケアについての関心が高く、医療関係者が会の構成の多くを占めていた。
葬儀をテーマとするのは看護師さんたちからの提案であった。
医師にとっては死亡に至るプロセスが重要であったが、看護師は看護の過程で家族とも接しており、中には個人的な休暇をとって葬儀に参列する人もいる。
「死亡退院後に死者、遺族のたどるプロセスについて知りたい」というのが看護師たちの提案主旨であった。
ちなみに葬儀をテーマとすることに反対したのは医師たちとのことであった。
生と死を考える会としては最初の葬儀をテーマとする講演会となった。

その後もデーケン先生とは話をする機会があり、雑誌『SOGI』でも先生にインタビューをさせていただいた。

■意見の違い

私はデーケン先生の意見には必ずしもすべて賛成ではなかった。
最大の違いはdeath studyについてであり、人間学として「死学」でいいのでは、「死生学」は何か口当たりをよくしているように私は感じた。
そこで当時月刊誌だった『論座』で特集を若林一美さんと一緒に私が扱ったときにはタイトルを「死生学」とせず「デス・スタディ」とした。
death educationを「死への準備教育」と訳すと、個人的な死への備えという面が強調されるきらいがあるのでは、と異論を申し上げたこともある。

■人柄が大好き

「グリーフケア」が流行語になっているが、私は遺族の心的作業としてある「グリーフワーク」の重要性を唱えている。このきっかけとなったのはデーケン先生との議論で、これについては二人の考えは一致した。
「グリーフワークを悲嘆の癒し」というニュアンスで使用する人が多かったが、いわば「喪の作業」としてとらえ、近親者が死別という事態にどう対処していくかがむしろ重要で、周囲のケアはこれを邪魔しないことが重要。グリーフケアの限界を認識しておくことが重要になる。

デーケン先生とは意見を異にするところもあったが、私はデーケン先生の人柄が大好きであった。

デーケン先生なくして戦後の「死をタブー」とする日本文化を変える歩みはなかった。

広告

投稿者: Hajime Himonya

碑文谷 創(ひもんや・はじめ)/ 葬送ジャーナリスト、評論(死、葬送)、 元雑誌『SOGI』編集長(1990~2016)/ 【連絡先】hajimeh46@nifty.com/ 著書 『葬儀概論(四訂)』(葬祭ディレクター技能審査協会) 『死に方を忘れた日本人』(大東出版社) 『「お葬式」はなぜするの?』(講談社+α文庫) 『Q&Aでわかる 葬儀・お墓で困らない本』(大法輪閣)  『新・お葬式の作法』(平凡社新書) ほか/

「デーケン先生の死」への1件のフィードバック

  1. 初めまして。納棺師をしている者です。
    20年前 高校生の頃に父を亡くし、14年程前にSOGIにてデーケン先生の記事を何度か拝見し、自分が抱えていた悲嘆との向き合い方を勉強させて頂いておりました。
    これをきっかけに今もグリーフケアに関心を持ち、学び、仕事に従事しております。
    碑文谷先生とデーケン先生の出会いに感謝し、デーケン先生のご冥福をお祈り致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です