忘れてはいけない時間がある

1941年12月8日1時30分 太平洋戦争開始 1945年8月6日8時15分 広島原爆投下 1945年8月9日11時2分 長崎原爆投下 1945年8月15日12時0分 昭和天皇、太平洋戦争ポツダム宣言受諾表明の玉音放送 1995年1月17日5時46分 阪神・淡路大震災 2011年3月11日14時46分 東日本大震災 時刻が明らかになっており、忘れてはならない時刻である。 そのほかにもたくさん忘れてはならない日があるが、時刻まで明らかになっているのは少ない。 私は自分を健忘症だとつくづく思っているが、この... 続きを読む

大震災で問題だった一つに火葬場がある

きょうは4月6日、長々とお休みいただきました。 平常の仕事が遅れて、玉突き状態になり収拾不可能になったものですから、休みをいただきひたすら執筆、編集に専念していました。66歳になり、今年4~5回目の徹夜をするなど、非人間的生活を自らに強いざるをえませんでした。原因ははっきりしています。歳を重ねて仕事のペースがグンと落ちているにもかかわらず、かつてのいい状態の時のペースでスケジュールを組んでいて、結果的に破綻を繰り返さざるを得ないのです。おもしろいことに、ブログを休んでいる期間は他の方々のブログもあまり見な... 続きを読む

震災失業

また冬が巡り来る。陸前高田の「奇跡の一本松」と言われ、大津波に耐え、ただ1本残った松も、塩害で根が腐り回復不能とのこと。子どもの時にあの海岸線にずらっと並んだ松林の光景が目に浮かぶ。そうした思いを抱く人は多いようだ。 「震災失業」の事態は危機的とのこと。各紙が報じているが、被災地で倒壊し、流失した工場が閉鎖され、残った従業員が解雇される。陸前高田に足を運ぶ友人の声が暗い。 自営の店舗、商店を喪った人たち。高齢者は途方にくれる。若い人は町を去らざるを得ない。フクシマだけではない。人が町を去るのは。「残るのは... 続きを読む

まだまだ続くフクシマ

久しぶりの更新になります。 すっかり寒くなってきました。青森から来た人に一昨日訊いたら雪だそうです。季節は「冬」です。 東北の冬は厳しいですから、仮設住宅での暮らしはたいへんでしょう。被災地の状況はまだまだ変化がなく、今でも少しずつ発見される遺体があります。 「遺体が発見されてよかった」と喜ぶ家族。行方不明のまま「生きているかもしれない」と微かに期待するのではない。「もう海に流されて発見されないだろう」と諦めと絶望のなかにいる家族。遺体が発見され、身元がわかると、「戻ってきてくれた」と安心する家族。 まだ... 続きを読む